2012年02月13日

MIRRORS

lynch.の『MIRRORS』とKayaの『Vampire Requiem』を買いました。

lynch.の『MIRRORS』は、メロディアスかつスピーディな演奏にデスボイス・シャウトに妖艶な歌声。

試聴してすぐに虜になりました。

何でタワレコ新宿店のヴィジュアル系コーナーには行くと必ずこういう系のCDが置いてあるんですかねー。

ただハードコア&デスボイスだけじゃだめで。

それプラス、メロディアス&スピーディなメロディと妖艶な声、というのがツボみたいで。

Sadieの『陽炎』、NoGodの『神風』、DELUHIの『s[K]ape:goat』、heidi.の『シックスセンス』みたいなの。

今ハマってるDIAURAやMEJIBRAYも同じ。

しかも『MIRRORS』はシルバーの紙ジャケで。

テンション上がったわー。

「どこへ行こう 君を連れて」ってどこに連れてってくれるのー、って感じです。

KayaはSchwarz Stein時代からの、アレだ、ほら、Addictですから(笑)


ああ、最近作風変わりました。

Twitter見てくれてたら解ると思うんだけど、少しだけ呟いたあんな感じ。

多分5月6日の文学フリマでは少し進化した俺が見れるはず。

ついてこいよ。
posted by 桜井夕也 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。