2012年05月16日

日野裕太郎『水影に赤をきく』感想

『水影に赤をきく』
日野裕太郎
サークル名:下町飲酒会 駄文支部
2011/05/05 コミティア100発行
第十四回文学フリマで購入

『水影に赤をきく』と『見えない手と手をつないできみと』の二編収録。

『水影に赤をきく』
男は姉のせいで全てを失った。
閉鎖的なムラでは男の家族は唾棄され、追い詰められ、追い込まれる。
姉への怒りを抱えながら、一方で思慕を捨てられないでいる。
家族を守るため、無表情に殺戮を繰り返す男の目の前に現れた……恋人達。

「それでも……幸せになれると思っているのか」

男が恋人達に見たのは希望なのか。それとも家族の長として強いられた諦念なのか。

俺が信じたいのは希望。


『見えない手と手をつないできみと』
洪水によってムラを、故郷を、両親を失った少年。
姉妹とともに取り残された兄弟たちは、生きるために諦めることを知った。
諦め、諦め、諦めて、そこに何が残る?
成長した少年の前に現れた懐かしい匂い。
その意味に戸惑い、目を背け、だが忘れられぬ想い。
出会った希望に、清涼な読後感を感じた。
posted by 桜井夕也 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学フリマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河村塔王『幕間』感想

『幕間』
河村塔王
サークル名:ICU
2012/5/5発行
第十四回文学フリマで購入

物語が自身を物語る百行詩。

バルトは「作者は死んだ」と言った。
テクストは引用の織物であり、「作者=神」の、解読すべき唯一の解釈などない、と。

十行目「好きな様に読めば良くて、僕は読み手が考えた様に、唯ここに居る」

諧謔的な詩もあれば、哲学的に自問自答する詩もある。

ロートレアモンなJOKERがMechanical Danceを踊る。

「神は今賽を振る」(MEJIBRAY『Wrath of GOD』)

「いかで偶然を破棄すべき」と問うたマラルメが『骰子一擲』で「世界はかくある必要はいささかもなし」「全ては偶然だ」と吠えたように、全ては賽の目のように、在る。

処刑台に処された物語は人間(ヒト)なき未来に自身を物語るか。

非常にインスピレーションに満ちた書物。

翻訳されるべきだし、全世界にこの狂気と見紛うばかりの、計算し尽くされた思想を問うて欲しい。
posted by 桜井夕也 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学フリマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。