2012年11月21日

第十五回文学フリマおつかれさまでした

文学フリマおつかれさまでした。

いやー、疲れた。
本当に疲れた。

ベトナム出張帰りで虚ろな目をしてぼんやりした笑顔を浮かべて売り子をしておりました。

上の空感は否めない。

売り上げは、
『Chrome Exhaust -Black Russian-』(新刊)8冊
『Chrome Exhaust -REIGNITION-』3冊
の計11冊でした。

『REIGNITION』も『HAKENKREUZ HALLUCINATION』も残部僅少となりました。
再版しなければならないんですが、どこかいい印刷所ないですかねー。

今回は今までいらっしゃらなかった女性のお客様が多く、また男性でも初めていらっしゃった方もいて、うれしかったです。

打ち上げは秋葉原で某さんたちにまぜていただき、ほんわかと楽しい時間を過ごせました。
ありがとうございました。

サークル出展者の方々、お客様、運営の方々、打ち上げにまぜていただいた某さん、売り子を手伝っていただいたYさん。
おつかれさまでした。
そしてありがとうございました。

逃げ場所、居場所、帰る場所の三つがあるとして、
文学フリマは帰る場所ではないかもしれませんが、少なくとも私にとっては居場所であり続けています。

次回は来年4月14日の第十六回文学フリマin大阪か、4月28日の文学フリマスピンアウトイベントに出展予定です。

今後ともCult Trash並びに桜井夕也をよろしくお願い致します。

下記のページに参加者の感想リンク集があるはずです。
http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20121118
posted by 桜井夕也 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学フリマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

第十五回文学フリマ参戦

11/18(日)の文学フリマ、Cult Trashは近未来散文詩を爆弾代わりに携えて参戦します。21世紀の神なきボーグどもへの宣戦布告。神は死んだ。歌舞伎町の[Code of C](聖戦)をRE:IGNITION(再点火)しろ。

開催日:2012年11月18日(日)
開催時間:11:00〜17:00
会場:東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)
アクセス:東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
サークル名:Cult Trash
配置番号:ウ-05
http://bunfree.net/

販売作品
(1)『Chrome Exhaust -Black Russian-』(予価600円)

九次元の666道輪廻に堕ちるサイコホリック・ヒップホップなМаКiさんの詩、『兎』。

資本主義神学と共産主義無神論がインターネットをクローンするサイバーパンク・アヴァンポップな白鳥健次(Kenji Siratori)さんの『偽情報性身体』。

桜井夕也の
サイバーパンクな散文詩『Black Russian』
サイバーゴシックな小説『Venus Prototype』
実験的なヴィジュアル系黙示録メタフィクション『Reason for Treason』
いつもどおりのサイバーパンクな散文詩『LAST BIBLE』

を含むA5版、60ページの新作。

(2)『HAKENKREUZ HALLUCINATION』(2000円)
10余年に亘り書き継がれたサイバーパンク散文詩。
サイバーゴシックな反=神学に覚醒せよ。
A5版、170ページ。

(3)『Chrome Exhaust -REIGNITION-』(500円)
桜井夕也第二章の幕開け。
クロームな排気管から噴き出るREIGNITION(再点火)を告げるエグゾースト。
原罪なきレゾンデートルの時代の神なきボーグども、欲望仕掛けの近未来デジタルデカダンスに酔え。
21世紀、インターネット時代のアヴァンギャルドを暴走する作家Kenji Siratori氏による未発表日本語作品『Mr. 幻覚』も収録。
A5版、20ページ。
posted by 桜井夕也 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学フリマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。