2012年05月16日

河村塔王『幕間』感想

『幕間』
河村塔王
サークル名:ICU
2012/5/5発行
第十四回文学フリマで購入

物語が自身を物語る百行詩。

バルトは「作者は死んだ」と言った。
テクストは引用の織物であり、「作者=神」の、解読すべき唯一の解釈などない、と。

十行目「好きな様に読めば良くて、僕は読み手が考えた様に、唯ここに居る」

諧謔的な詩もあれば、哲学的に自問自答する詩もある。

ロートレアモンなJOKERがMechanical Danceを踊る。

「神は今賽を振る」(MEJIBRAY『Wrath of GOD』)

「いかで偶然を破棄すべき」と問うたマラルメが『骰子一擲』で「世界はかくある必要はいささかもなし」「全ては偶然だ」と吠えたように、全ては賽の目のように、在る。

処刑台に処された物語は人間(ヒト)なき未来に自身を物語るか。

非常にインスピレーションに満ちた書物。

翻訳されるべきだし、全世界にこの狂気と見紛うばかりの、計算し尽くされた思想を問うて欲しい。
posted by 桜井夕也 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学フリマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270287487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。